このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップカテゴリー行事予定 > 2018年2月ブック展

2018年2月ブック展


テーマ:数学は世界をつなぐ鍵

数学

『古代エジプトの数学』 David Reimer
『天才数学者列伝』 アミール・D.アクゼル
『お父さんもお母さんもわかるそうだったのか!「算数」』 柳谷 晃
『数字のモノサシ』 寄藤 文平
『図解でらくらく!計算力が面白いほど身につく23のルール』 間地 秀三
『だまし絵のトリック』 杉原 厚吉
『折る幾何学』 前川 淳
『ナンバーセンス』 カイザー ファング
『人間と社会を変えた9つの確率・統計学物語』 松原 望
『江戸の「算」と「術」』 佐藤 健一
『和算小説のたのしみ』 鳴海 風

科学

『信じてはいけない「統計的に正しい」こと』 市毛 嘉彦
『科学予測は8割はずれる』 竹内 薫
『自然界の秘められたデザイン』 イアン・スチュアート
『流れ』 フィリップ・ボール
『実はおもしろい化学反応』 中西 貴之
『絵でわかる地図と測量』 中川 雅史
『生き物たちは3/4が好き』 ジョン・ホイットフィールド

経済

『ビジネスで使える経済予測入門』 中原 圭介
『日本経済の鉱脈を読み解く経済指標100のルール』 鈴木 賢志
『仕事に役立つ統計学の教え』 斎藤 広達
『「時間」はどこへ消えたのか?』 吉都紀 太介
『就活生・内定者のための会社数字の読み方』 日経会社情報
『これでわかった!!値段のカラクリ』 金子 哲雄
『住宅1年生のローンの教科書』 竹下 さくら
『相続税相談所』 平田 久美子
『一番やさしい地方交付税の本』 稲沢 克祐
『1秒でわかる世界の「今」』 クレア・コック・スターキー
『統計データはおもしろい!』 本川 裕

その他

『伝わる!図表のつくり方が身につく本』 永山 嘉昭
『知識ゼロからのビッグデータ入門』 稲田 修一
『「日常の偶然」の確率』 ティム・グリン=ジョーンズ
『天中殺占い』 高尾学館
『パパ銀行のマネー哲学』 デーヴィッド・オーウェン
『図解正しい家計術』 ゆりもと ひろみ
『味つけ黄金比の早引きレシピ』 検見崎 聡美
『鉄道ダイヤのつくりかた』 富井 規雄
『数字でわかる仏教文化財の名称』 石川 登志雄
『動物と立体パズル』 小黒 三郎
『数と音楽』 坂口 博樹
『日本の助数詞に親しむ』 飯田 朝子
『天地明察』 冲方 丁
『蓮の数式』 遠田 潤子
『13カ月と13週と13日と満月の夜』 アレックス・シアラー
『ぼくには数字が風景に見える』 ダニエル・タメット

掲載日 平成30年2月6日