このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップブログ2021年 > 英文多読を楽しもう!

英文多読を楽しもう!

英文多読を楽しもう!

テーマ「アートな気分」

「芸術の秋」ともうしますが、 手前は図書館でござりまする。
「芸術×読書」として素敵なイラストや芸術にちなんだ本をご紹介いたします。

ペンは剣よりも強し!
Anthony Browne『Bear Hunt』語数80語
宵闇のなか、歩くBear。
後ろには不穏な影・・・
危うきBearの運命をにぎるのは、その手のひら(?)ににぎりし一筋の希望。
その奇想天外なお話の結末とは・・・!?

素晴らしい絵の絵本に贈られるコールデコット賞受賞作品
Jon,Klassen『THIS IS NOT MY HAT』語数205語
小さきものと、大きなものの、静かなる戦い。
美しき絵で描かれし、海の世界。
ちいさな魚とともに息をひそませるか、おおきな魚とともに目をひからせるか
それが問題だ・・・。

Mike Venezia『Johannes Vermeer』語数1152語
―フェルメール―今なお人々が集い、感嘆する絵を描いた絵師である。
彼の人が残せし絵とともに、彼がどう生きてきたのか。
偉大なる芸術家たちの半生をみることができる
「Getting to Know the World's Greatest Artists」シリーズの一作。
名作の裏に隠された絵師の人生とは・・・。

ほぅとため息がでるようなイラストたちを
ぜひあなたの目でご覧くださりませ。
秋の夜長には素敵な本と共に・・・
(雰囲気だけの変な口調でしたが、どの本もわかりやすく楽しい絵本です。ぜひご覧下さい)

あなたのおすすめのイラストの本があれば
図書館公式Twitterにてご紹介ください!
 

掲載日 令和3年10月13日