このページの本文へ移動
トップブログ2017年 > 見計らいがありました

見計らいがありました

図書館で本を買う方法の一つに “見計らい” というものがあります。
中を見てみないと分からない本(例えば美術書)などを
現物を手にしてみて、買うかどうか決めるものです。
本日はその見計らいがありました。
今回は平凡社(出版社)さんが主催のもので、約30箱ほど持ってきてくださり、
目ぼしい本を1冊1冊見てまわりました。
現物を見るとどれも良く見え、みんな欲しくなってしまうんですよねぇ。
見計らい

 

掲載日 平成29年1月11日
【アクセス数