このページの本文へ移動
トップカテゴリー図書館ガイド > 竹内理三コーナー

竹内理三コーナー

竹内りぞうの写真
参考資料室の一角に、「竹内理三コーナー」を
常設しています。
当コーナーは、多年にわたり実証的で緻密な
日本の古代・中世史の研究・教育に努め、
優れた業績を挙げられた竹内理三氏をたたえた
文庫として、また、市民の調査・研究のコーナー
として設けています。
 
略歴紹介
  明治40年、知多郡岡田町に生まれ、
岡田尋常小学校、旧制半田中学校、
第八高等学校に学び、東京帝国大学を卒業の後、
九州大学文学部教授、東京大学史料編纂所教授、
同所所長、早稲田大学文学部教授などの重職を歴任し、
平成8年11月、これまでの功績が認められ、
文化勲章を受賞されました。
平成9年3月、満89歳で死去されましたが、
氏の功績をたたえ、知多市で五人目の名誉市民と
なられました。
蔵書紹介
  昭和18年から平成4年にかけて編集・刊行された
「寧楽(なら)遺文」、「平安遺文」、「鎌倉遺文」は、
古代中世史研究の史料として全58巻に及び、
その他日本史研究の発展に多大な貢献をした著作等を、
氏及びご遺族からの寄贈本1968冊を含め、
計2475冊所蔵しています。(平成29年3月末現在)

 

文化勲章
勲章の写真 勲章ケースの写真
(氏の長男、竹内啓さんより平成15年4月1日、知多市へ寄贈)

掲載日 平成30年3月2日
【アクセス数